Space U :News

目黒・祐天寺のなごみ空間「スペース・ユー」のオフィシャルブログ。
2011年より、当ブログは更新をお休みし、スペースUのセッション、ワークショップに関する情報は ChigLog*(ちぐろぐ)で お知らせすることになりました。
<< お知らせなどなど | main | Open the Door! アルバートお話会のご感想☆ >>
Self-love
You have been practising whenever you want something, you need to work hard or think hard for it.  That kind of practise has become a dominant pattern of your life experience.

You have been practicing to worry about things, to cater both negative and positive sides.  The worst thing is that you always have a plan for the “worst case”, in case something really bad could happen. 

That is why you cannot feel the ease and joy of life however it should be.

You must remember we are the creator of our own lives.  Worst case could happen when you actively plan for it and activate it in your vibration.  It is your own creation, however, if you can create that, you can also change that.

Nothing is going to change until you have gotten enough of the contrasting experience and you innately ask for a different one.  Everything you really want has been asked vibrationally when you see something that you do not want.

The rest of the story is just you relax, enjoy and do whatever your intuition tells you to.  Our part is relatively easy, feel the way to get what we want.  Everything will orchestrate perfectly into our experience.

However, we have been trained away from our guidance of our own feelings.  We have learned not to care about our own emotion first, we tend to the standard of the society or we care too much about how other people feel, we ignore our own feelings, we do something to make other people happy, we help other people first.

If you have never ever loved or enjoyed your life (nor intend to point to that direction), whatever you are giving out is not sincere enough to turn things around for something that feels like love or joy.

You can change it if you have never known you can love  or be happy, and only you can change that.  You don’t need a reason or to justify why you want to be happy.  Everyone is born to that, however, you have forgotten and everyone keeps telling you another story; and that you have lost the trust in your own judgment.

Be hopeful and gentle to yourself.  Only you can live your life, what other people say is never as important as what you say about your life and yourself.
| jamie | Jamie says | 12:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
     自分に優しく

 物事に取り組むとき、多くの人が、真剣に考えてから実行します。
 でも、それが、「いつものパターン」になっていないでしょうか。
 うまくいった場合、うまくいかなかった場合、それぞれをシミュレーションするのですが、そのシミュレーションが、望みもしない最悪な現実を創り出すことがあるのです。

 もっと簡単で、楽な道があるはずなのに、なぜか困難な道を歩んでしまうのは、このためです。


 私たちは、自分の人生を、自ら創造する力を持っています。 
 失敗を恐れながら行動すると、自ずと 失敗という現実を生んでしまうのです。
 でも、私たちに、創造力が備わっているということは、すなわち、異なる結果を生み出す力も備わっているということです。 
 ただし、その現実を変える力は、今の現実に対し、もうイヤだ!と強烈に思い、安らいだ波動の中で 望む結果を心から求めた時に初めて 発揮されるのです。

 リラックスし、楽しむ時間をとり、直感がささやくことをやってみましょう。意外と簡単なことに驚かれるかもしれません。
 全ての経験は、完全に整えられているのです。


 しかし、私たちは、感情など気にするものではないと教えられてきたため、自分自身の感情というガイドに従うことを知らずに育ちました。
 そのため、社会の常識や他人の顔色ばかりを気にしてきた結果、自分自身の感情を無視し、まず他人を喜ばせること、他人を助けることばかりをしてきたのです。

 もし、これまで生きてきた中で、自分の人生を楽しんだことがなかったのであれば、今、この瞬間から、愛と喜びの中で生きることを選ぶこともできるのです。


 幸せになることに 理由などいりません。
 自分自身の生きる目的を忘れ、直感を信じることを忘れていたとしても、私たちは、皆、幸せになるために生まれてきたのですから。


 自分自身を信頼し、自分に対して愛情を持って接しましょう。 
 自分の人生を生きられるのは、自分しかいないのです。
 
 人が何を言おうと、自分自身と 自らの人生に対する 自らの思い以上に大切なことなど、何一つないのです。
| 陽子 | 2009/11/04 10:39 PM |









http://blog.space-u.net/trackback/1270779
+ LINKS
+ 最近のChigLog*(ちぐろぐ)
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE