Space U :News

目黒・祐天寺のなごみ空間「スペース・ユー」のオフィシャルブログ。
2011年より、当ブログは更新をお休みし、スペースUのセッション、ワークショップに関する情報は ChigLog*(ちぐろぐ)で お知らせすることになりました。
<< Free from the lack of freedom | main | お知らせなどなど >>
アイソレーションタンク
chigusaです。

今年に入って通い始めたアイソレーションタンクも4度目になりました。

アイソレーションタンク(フローティングシェル)は、無重力・無感覚を体感できるリラクゼーションシステム。
簡単に説明すると光や音が遮断され、完全な闇の世界であるカプセルの中に、
深さ約25センチほどのあたたかなにがり成分の水が満たされており、
その中にぷかりと浮かんで約1時間ほど(初回は90分)過ごすのです。
(簡単すぎるな....詳しいことはECCOサイトのアイソレーションタンクのページを読んでくださいね)
http://www.eccoproject.com/shell/

実は、なんの感覚もない環境でたったひとりでただひたすらぷかりと浮いていたい、という願望が
何年も前から私にはありました。
誰にも邪魔されない浮遊感に包まれながら、ただただ静かな時間を過ごしてみたい。そんなイメージでした。
でもそれってプールでもないし海でもない、どこなんだろうな?どうすればいいのかな?
やっぱり宇宙飛行士とかじゃないと体験できない感覚なのかな?などとぼんやりと
かすかな願望として頭のすみにあるだけだったんです。

ところが今年に入ってふいに、「知人がこういうのに通っているらしいよー」と友人から聞き、
「私がずっと求めていたのはそれだ!」とピンと来てすぐに紹介していただき、
「アイソレーションタンクサロンECCO」に通い始めたのでした。

白金の駅からほど近く、静かな住宅街の中にECCOはあります。
http://www.eccoproject.com/
ホームページにもとても丁寧な説明が書かれているので不安はありませんでしたが、
初回には、オーナーの宮部さんが時間をかけて丁寧にオリエンテーションもしてくれるので
さらに安心です。

私個人の体験をお話しすると、まずはじめての時は
とにかくタンクに入れるといううれしさでどきどきワクワク。
まるでディズニーランドのアトラクション体験状態でした。
でも宮部さんの説明通り、生まれて初めての無重力状態になることで
水に浮いたとたんに身体が時計の針のようにぐるぐるまわりだすような感覚がわきあがって来たり、
身体にあるコリとか痛みをどっと感じたりして、
それが落ち着くまでにしばらく時間がかかりました。
不思議なことに、この時感じる痛みやコリはある一定の時間を経て次々と移動していくのです。
まるで自分の身体が「ここが凝ってるよ.....次はここだよ.....」とひとつひとつ丁寧に教えてくれているようでした。

しかし、回を重ねるごとに痛みや違和感はなくなっていき、
自分の身体とタンクの内部(シェルウオーターも、空間も含めて)が
次第になじんでくるのを感じていました。

このように、自分の身体が持つコリや痛みに「自分で気づく」という部分や、
セッション中に意識が行ったり戻ったりして、
次第に身体と周囲の境界がなくなっていく、という感覚が
エサレン(R)ボディワーク(エサレン(R)マッサージ)ととてもよく似ています。

普段は電気を消した暗闇の部屋では怖くて眠れない私が、
なぜかタンクの完全な闇の中ではぜんぜん平気。
あたたかい闇のスポンジにふわりと包まれているような感覚で、いつもとても安心するのです。
宮部さんおっしゃるところの「胎内回帰」かもしれません。
(逆に、人がひとり入れる位のタンクの内部が広大な宇宙空間のように
無限に広がっていくようなイメージを受ける人も多いそうです)

4回目の先日は、入ってすぐにとても静かな内観状態になり、
1時間のセッション中一度も外に出ることもなく浮かんだままでリラックス。
瞑想しようとすることもあえて手放して、
最近、自分の中に生まれたとある気づきについての考察を重ね、それを掘り下げているうちに、
またあらたな気づきも生まれ、ときどきぽっかりと空(くう)の時間も過ぎ...
そうしているうちに自然にセルフヒーリングのような気持ちのいい感覚に包まれて、
しばらくそれをあじわっていました。

そして、後半では面白い体験をしました。
内観で自分にとってのひとつの答えのようなものを得た瞬間、
眉間の第6チャクラから光のようなゆるやかな波がゆらゆらと生まれて来たのでした。
しばらくそのゆらゆらを見つめて(それも目を開けていたのか閉じていたのかも覚えていないんだけど)
ゆらぎのリズムを楽しんでいると、今度は頭の上の方に別の細ーい光が見えてきました
(タンクの中は光は入らないはずなのに、です)。
タンクのドアがあいているのかな?と一瞬考えたほどでしたが、いやいやドアはちゃんと閉めたはず。
だってさっきまで本当に闇でしたから。

と、浮遊しながらぽわーんとした頭でぼんやり考えたりしていたら、
突然右上の方から女性の声でひとことなにかピシッと語りかけられ、
われに帰って間もなく、終了の合図の音楽が鳴り始めました。
それは夢とも違う、つかの間の旅から戻ったような本当に不思議な感覚でした。

静寂、解放、空...
そして自分を構成しているさまざまなエネルギーを感じる時間...
アイソレーションタンクは、エサレンボディワークを受けるのと同じ位
自分にとっての貴重なリラクゼーション&ヒーリングタイムになっています。
今後も、定期的に通ってみるつもりです(^^)

うれしいおまけとして、タンクに入ったあとは、いつもお肌がつるつるになります。
水に触れていないはずの顔までつるつるになるので不思議。
にがり成分のおかげだけでなく、やはりリラックス効果が高く、
細胞が活性化するんじゃないかなあと想像しています。


----------------
上に書いたのは私の個人的な体験ですが、
ECCOラヂオには、「これからタンクを体験してみようかな?」と考えている人にも参考になる
体験談がたくさん収録されていますよ☆
http://ecco-project.seesaa.net/



ECCOを訪ねるといつも顔をみせてくれるかわいいにゃんこ。今日は網戸越しでごめんニャさい。
| chigusa | つぶやき | 21:08 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/03/05 11:53 PM |









http://blog.space-u.net/trackback/1270777
+ LINKS
+ 最近のChigLog*(ちぐろぐ)
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE